増資のメリットとは?増資による御社の資金調達を完全サポート|フィデリ・資金調達

増資のメリットとは?増資による御社の資金調達を完全サポート|フィデリ・資金調達

増資のメリット

1 返済不要の資金調達

「中小企業にとって、資金調達は銀行からの借り入れしか道はない!」

と思っていませんか?しかし、返済不要の資金調達方法があるのをご存じでしょうか?
それが「増資」です。

通常、既存株主若しくは第三者に対して新株を発行し、その株に見合う金銭や資産を提供してもらいます。株主は、企業の経営者や事業に魅力を感じ資本参加し、投資の見返りとして株式価値(企業価値)の増加や配当金の支払いを期待します。

また、業務提携の際に一部株式を保有し、関連企業とすることにより他の企業よりも強固な関係を構築する資本業務提携もあります。
 

2 増資のメリット

 第三者割当増資は、通常、第三者に金銭等を出資してもらい資本を増やすことですので返済義務のない資金を調達できます。 出資者はあなたの会社に価値を見出し、リスクを負った上で出資をしてくれますので、増資が行えるということはあなたの会社が魅力的であるという証明にもなります。

◆メリット1
長期資金二―ズに有用・・・返済義務がないため固定資産や研究開発などに有用

◆メリット2
株主支援…株主からの事業支援やブランド力の向上が期待できます。

◆メリット3
財務基盤強化…自己資本が充実するため財務基盤が安定します。

◆メリット4
信用力向上…資本金の大きい企業は対外的に信用力が上がります。
 

≫ベンチャーキャピタルを探す
 

3 増資のデメリット

増資は、株主の持分割合を大きく変化させます。経営者自身のシェアが少なくなるという事は、経営支配権の減少を意味し、業務執行上の機動力が弱まる可能性も出てきます。事業拡大し、更なる売上拡大を目指す為にも、経営支配権を十分に考慮し御社の成長戦略に合った資本政策が重要となります。
IPOを目指す企業は、株式上場後を考慮し、特に慎重な政策を取ることが重要です。

◆デメリット1
議決権減少…新規株式の増加は経営者の議決権の減少になります。

◆デメリット2 
1株当たり利益の減少…株主の増加は株主1人当りの利益の希薄化につながります。

◆デメリット3 
税負担の上昇…資本金の大きさによって課される税金が上昇します。


≫ベンチャーキャピタルを探す